デトックスはダイエットを成功させるために、大事な役割を担っているアプローチ方法です。デトックスとは、体の中にいつまでも残ってる、いらなくなった物質を追い出すことです。飽食の現代では、日常的な食事のつもりが多すぎたり、不要な食事をしていることがあります。胃や腸は、食事をする度に消化吸収のために機能しており、動き続けて疲れてしまっている場合もあるようです。デトックスダイエットは、ダイエット効果だけでなく胃腸を休ませる意味もあり、代表的な方法がファスティングダイエットです。何も食べずに一定期間を過ごすダイエット方法になりますが、期間中の栄養摂取には青汁や酵素ドリンクなど、ダイエットの用の飲み物を用意します。3日間と期間を区切って、その期間内に集中して行うダイエットになります。ダイエット期間中は食事は何も摂らず、専用のドリンクだけを飲みます。胃腸はものを消化する必要がないので、負担をかけずにいられます。また、体の中に残っていたものの排出をすることが可能です。腸に留まっていた便を一度全部出し切ってしまうことで、腸内環境が改善それ、お肌もきれいになります。食事を摂らない期間を設けることで、胃が縮み、食事をたくさん摂らなくてもよくなります。今までよりも少ない食事で満腹感を感じられるようになりますので、食べ過ぎのリスクを予防できます。ダイエットを目的としたデトックスでは、老廃物を体から追い出し、体調を整える効果を得ることが可能になります。

肥満の原因は、皮下脂肪や内臓脂肪だけでなく、内臓の中に詰まっている老廃物にもあります。排出され切れない老廃物が腸に残っていると、外から見た時に腹周りが膨らんで見えます。また大腸の老廃物は腸壁から吸収されて、血管によって全身を流れるようになるので、お腹だけでなく全身が老廃物で膨らみやすくなるのです。逆に言えば、溜まった老廃物を除去すれば、お腹はもちろん全身がすっきりとした状態になるということです。そのため多くの人が、ダイエットのためにデトックスに力を入れています。デトックスの基本は、体内に残っている不要な成分を除去することです。野菜をや果物を献立に取り入れて摂取利用を増やすこともデトックスの一つに数えられます。なぜなら野菜には、食物繊維とミネラルとが多く含まれているからです。野菜や果物に多い食物繊維は便の体積を増やし、体外に出ていきやすい状態にして、腸内環境を改善してくれます。そしてミネラルには、便を軟らかくしたり、大腸の働きを高めたりする力があるのです。野菜を積極的に摂取すると、大腸内の老廃物が減りやすくなり、何よりも溜まりにくくなります。つまりデトックスによるダイエットには、肥満解消効果だけでなく、肥満防止効果もあるということです。スムーズにダイエットを行うためには、カロリーの少ない食材である野菜を、日々の食卓に取り入れることも大切です。